店長の加工日記『トレーサーにB&Tブラストディフレクター』

ワンオフ加工をブログに書くのは初めてでしょうか。

タイトルのオーダーがありましたのでご紹介します。

ACETECH LIGHTER ミニトレーサーの先端にB&T Rotex-Vタイプブラストディフレクターを取り付けられるようにパーツを製作します。

今回は旋盤での加工のみ。

 

 

 

 

 

 

 

取り付けたディフレクターにガタつきが出ないように、各所かなりタイトなクリアランスに削っています。

頻繁に取り外ししない前提で。

一番悩んだのが、トレーサーにねじ込むネジ部のピッチです。インチサイズのピッチゲージを持っていないので端材で何度か試し切りしました。

ピッチは1/8(0.63…mm)※覚え書。

さらにがたつき軽減のため、2か所Oリングを取り付けました。

 

 

 

 

 

 

 

嵌め合いの寸法を確認するためにディフレクターを取り付けてみました。

こんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

いい感じに仕上がりました。

あとは母材と切り離して反対側を小加工で完成。

 

銃本体に取り付けてみます。

トレーサーはRASとツライチになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーツを取り付けるとこんな感じになります。

これだけだと不格好。

 

 

 

 

 

 

 

ディフレクターを取り付けると、

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

ガタツキは全くありません。

フロント全体はこんな感じになります。

RASの隙間から「Lighter」の文字が見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

もう少し大きなサプレッサーなら中に小型のトレーサーを入れることができますが、ディフレクターだとこの手は有効かもしれません。

 

ブログ更新頻度あげたい…

店長でしたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。