店長の加工日記『LCT RPK用 ”Galilストック” マウント製作』

LCT製のRPKにGalilストックを取り付けるという依頼品になります。

ストックはICS製のものになります。

依頼主様から仕様はいくつか指定があるものの、外見のデザインはお任せということです。

 

まず、材料。

当店でよく使うA7075(超々ジュラルミン)のブロックです。

これを削っていきます。

 

粗削りが終わったものです。

急いで加工していたので途中の写真を撮るのを忘れていました…。

 

「右側面にスリングスイベルを取り付ける」という仕様のため、今回はQDスイベルのアタッチメント穴を作ることにしました。

抜き差しを繰り返した時の摩耗を考慮して、穴部分はS45Cで別パーツとして製作することにしました。

 

フレームとストックを取り付けるとこんな感じになります。

ストックは依頼主様の指定によりフレーム上面から7度傾くように取り付けています。

折りたたむとこんな感じです。

フレーム左側面のマウントレールに干渉しないようになっています。

このあとツールマークを消すためにブラストをかけて、アルマイト業者に出します。

アルマイト処理が終わったら追記します!

 

追記

アルマイト業者から部品が戻ってきました。

梨地にブラックアルマイトです。

ご依頼主様の希望により、本体の形状を少し変更しています。

フレームとストックを取り付けるとこのようになります。

これで完成になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。